選別落ちの駄錦鯉を愛でる


鯉大好きなんですけど、品評会や高級錦鯉には興味がありません。

きれいだな~!と思うけれども、絶対にほしい!とはなりません。

「手の届くかわいい鯉を買いたいな~」

と思うのみ。

鯉の飼育方法は人や組織により様々だと思います。
プロや品評会に出している人、養鯉業者の言うことは正しいと思いますが、個人で飼育する上では限界も有り、時間もお金も場所もない…というのが現実。

だったら、できる範囲で買えば良い。


60cm水槽で締め飼いもよし。
90cm水槽があるのであれば、50cmくらい程度の鯉であれば2,3匹飼育できます。

水が汚くなっても良いじゃないですか。
一番大事なのは鯉が病気にならずに元気であること。

アオコ、苔。
それほど気にせずに飼育するのも大事なことです。


正統派錦鯉の組織委員会とは別に「選別落ち錦鯉の会」「駄錦鯉を愛でる」などをネット上でサークルを作ってみるのも面白そうですね。

私はたまたま子鯉が釣れてかわいいので飼育し始めました。
ネットで調べながら飼育していましたので、師匠というのもはおりません。

しかし、よく見ているのが「世界最強アクアリウム」の高橋魚紳さんです。

はっきり言って、プロから見たらハチャメチャでしょう。
過剰給餌に超過密飼育…水も汚いし、アクアリストから叩かれまくる。
それでも、鯉たちが健康的であり、今までの飼育方法にとらわれずに発信しております。

心情は同じです。
健康であることが大事!

高橋さんのような発信力のある方がリーダーになってくれたら、既存の錦鯉業界に一石を投じることになるのではないか…と思う次第です。



選別落ち錦鯉たちを愛でる会のモットー!
・錦鯉が健康であること
・可能であれば餌をたっぷりと上げて、大きくすること(締め飼いは除く)
・水の色にこだわるな
・低コストで育てよ
・奇形の鯉も育てよう
・超格安の肉食魚の餌のような鯉を飼育しよう

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント