地のめぐみに感謝!ドバミミズに感謝!

ドバミミズ大先生は枯草や落ちた木の実を食べ、それを消化し糞を排出。
糞は栄養たっぷりで草木の大切な養分となる。

良い土を作りまさに草木、森の恵みとなり、育った草や木の実を鳥や小動物たちが食べる。

またドバミミズ自身も鳥やモグラなどに食されて貴重な栄養源となっている。


雨が降って土から這い出てきて、そのまま道路で干物になれば鳥の胃袋へ。



ドバミミズをまたまた採取。


20匹位取れましたかね。


採取後は錦鯉たちへ。



夏場は毎日でも与えたい。
巨大化すること間違いなしw


餌は錦鯉専門の飼料を与えた方がよいそうですが、米納豆流は野菜、白米を少々、赤虫、ミミズを与えたくましく育てます。

雑鯉、捨て鯉、クズ鯉、餌用鯉と言われている鯉たちですが、色はともかくとにかく頑丈で長寿な鯉に仕立て上げます!
スポンサーサイト